イデア論に対する有効な反例

僕は以前 四次郎(能力:あらゆる次元を行き来でき、不可能がない。作者に尽くす) - わっかっか を考えたが、これはまさにイデア論に対する反例では無いだろうか。 つまり、想像できるからといって存在しない。当然存在の証明にもならない。 蛇足的に更に言…

僕の好きなキャラ(やっちゃう人)が出る映画リスト

ナイトクローラー この映画で好きなキャラが定まった。 雨の日は会えない、晴れの日は君を思う 観終わったあと、ジェイク・ジレンホールだったことを知った。 人生スイッチ のラストの女。パステルナーク。「ヒーローになるために」のENDは良かった。 ハング…

四次郎(能力:あらゆる次元を行き来でき、不可能がない。作者に尽くす)

そういえばなんで 俺が生み出したキャラクター、四次郎(能力:あらゆる次元を行き来でき、不可能がない。作者に尽くす)は俺の前に現れないのだろう。あらゆる次元を行き来できて不可能がないんだから、概念としてだろうがなんだろうが、生み出された以上は…

空間を考える

この空間はなんだろう。PCがある。キーボードがある。机がある。椅子が私の尻の肉では補えないほどに硬い。なんだこの椅子は。この椅子は学習机とセットのやつだ。木でできていて高いんだ。でも高くても硬い。妹のイスはプラスチック製の学校のコンピュータ…

寄り道しない現実逃避

最近みんな未来に夢見すぎじゃーん?と思ったりしたけど、ドラえもんの誕生が2012年だったなと思い出して、そういうもんかと納得した。 考えてみれば昭和の未来感は今では笑い物だが、アレにワクワクしていたんだろうことに鑑みるに、2、30年後振り返ってみれ…

タラタラしてんじゃねーよ

実は自分、クラスで一番とデザインを褒められた 。その場でば胸が高鳴り喜んだものだが、井の中の蛙すぎる。 この歳でクラス1番を喜ぶだなんて。 しかし救いは1番ということ。それはクラスレベルではない可能性があるということだ。 これが2番で喜んでい…

1日1記事それは無理

1日1記事書けば自分は何か変わるんじゃないかと思ったが、 1日1記事書ける人はもはや自分ではないので破綻していた。 Twitterだと発言が多くて人気な人が、実際にあってみると中空を見つめ、会話がうまく行かない人だなんてことは本当にあることと最近学…

幼児退行せざる得ない状況に草

近頃、オタクの幼児退行が目立ちますので、小学生に甘えようとするオタクの原因を考えます。 オタクの幼稚化をさせるアニメの共通点と言えば男の要素が少ない、もしくはないというところでしょうか。 この理由に関しては、自分のお母さんが、異性にラブラブ…