イデア論に対する有効な反例

僕は以前

四次郎(能力:あらゆる次元を行き来でき、不可能がない。作者に尽くす) - わっかっか

を考えたが、これはまさにイデア論に対する反例では無いだろうか。

つまり、想像できるからといって存在しない。当然存在の証明にもならない。

理想的な三角形は確かに概念的に存在する。

そしてイデア的なものが存在するものがあれば、存在しないものもある。それだけの話である。その境となるのはただ定義が十分にあるか、ないか。当たり前の話すぎる。

そして「善」なんかはまさしく後者だ。(「利己的な善」とかじゃなくて、抽象的な一般的な方の善)