なんか(観たやつに)「中二病でも恋がしたい!-Take On Me-」の解説がしたい

1ヶ月前に劇場版を観てきましたが、オススメじゃないので観なくていいと思います。観終わった僕は、普段アニメ観なそうな奴が絶賛するアニメって微妙なのはなんでだとうと考えていました。

絶賛する魅力が知りたくて、映画鑑賞前に2日間かけて1期2期を見ている時も同じことを考えていました。というか1期をリアルタイム放映時に観ていたので、つまらないと知っていました。

そして再び1期を観終わった感想も前回と同じでした。具体的には最終話あたりのシリアス展開のとこのキャラの感情がイミフなので毎回イライラをします。中二病の絆としての役割は分かってます。

映画を観る予定があったので、一応観た2期はなんかけっこう良かった。

どこがと言うと七宮の叶わぬ恋をする美少女というキャラが僕にクリーンヒットした。

詳しく言いますけど、恋に悶える女の子の超可愛いのが、彼氏を作るだなんてビッチだっていうオタク的なキモい感情によって薄らいでしまうところを、叶わない恋であることで、むしろ恋すれば恋するほど清楚で居続けることの安心感を生んで非の打ち所がない大変なことになってる。

加えて現実(恋愛)と中二病の関係に非常に納得した。ていうかそういえば2期は神ですね。この解説もしたくなってきた。中二病は自分を特別視する極度に主観的なものなのです。それに反して恋愛におち、相手を振り向かせたいとなった時、意中の相手の目を通して自分をみようとするわけですが、そこには等身大の自分がいるのです。その恋愛による避けられない客観視が、自身への偏った主観視を解消すると中二病ではいられないという話。

現実でも恋人がいる中学生は中二病ではなかったことを思うと説得力やばいです。

いや待って嘘?気づいたんだけど、あれ単純に七宮が裕太に比べたら世界なんかどうでもいいってなっただけ...?2期の質が高すぎて不自然だと思ってたからその方が腑に落ちる。この解釈して衝撃受けてたの俺だけ?

言いたいことを書き続ける。

ここからが序論なんですが、僕は1期2期一貫して十花さんが好きです。しかし視聴者の年齢層的に嫌いな方が多いかもしれない。なぜなら十花さんは現実・客観サイドで、リアルにお母さんみたいなんですよね。しかし僕はそんな十花さんのアニメなのに現実的な生々しい心配が好きです。真剣に立花を案じる姉の優しさに魅かれてました。

ここから本論です。この映画はイタリアへ六花を連れていくと言う十花さんから、裕太と立花で駆け落ちチックな逃避行をするやつでした。

映画を観終わった後は、あぁとうとう十花さんもストーリーのためにキチガイサイド(前科持ちの裕太みたいな感情がイミフなアニメキャラのサイド)に堕とされたかと悲しい気持ちでいっぱいになりました。十花さん愛が不十分な人は思わなかったでしょうが、僕は十花さんの指輪が「右手から」左手になっているなと瞬時に気づく愛があるので思いました。

具体的に挙げていきますが、まず無茶苦茶な理由で突然イタリアに来い学校は転校だとかいう十花さんを観たくなかったです。しかもそこまでしたくせに六花でもなく裕太の、それも「それでもおれは(改行)x10 中二病でも恋がしたい!」とかいうふざけたメールに納得するのも俺をイラつかせました。一度ファミレスで捕まえて逃す意味わからなさにイラつきました。

誤解しないで欲しいのは、僕が終始イライラしていたかと言うとそう言うわけではありません。キャラの感情が不自然で納得いかないアニメはよくありますから、慣れています。なので僕は残念には思いつつも、こういうのは気にしないでコメディを楽しまなければダメなんだと思うことができるのです。ただこの不自然さを抱えて迎えるエンディングの1期OPのは、無理矢理いい話風にして盛り上げようとすることへの嫌悪感が湧いてしまいした。

でまあ色々考えてるうちに十花さんの感情・動機が分かって嫌悪感は払拭されたから解説を残したかったんだけど書き疲れた・・・。いっぱい文字読んだからいっぱい書きたくなっていっぱい書いたので満足した。いつかつづく